信州飯田・南信産ぶなしめじ・きのこを使用「しめじごはんの素」「しめじ甘露煮」など丹誠こめた逸品を販売

TOP > 臼井農園のこだわり

臼井農園のこだわり

ぶなしめじ発祥の地 南信州飯田

ぶなしめじ発祥の地 南信州飯田

昭和47年に飯田の地で誕生した「栽培ブナシメジ」。

栽培キノコが日本全国で流通するきっかけとなっただけでなく、今では世界中で栽培される作物となりました。

臼井農園では昭和53年にぶなしめじ栽培を始め、以来40年にわたりブナシメジづくりに携わり続けています。

このページの上へ▲

年間出荷量300t!

年間出荷量300t!

臼井農園では年間で約300tのブナシメジを出荷しております。1営業日あたり約1tの計算です。

ブナシメジは温度・湿度などを常に気をつけなればいけない非常にデリケートなもの
臼井農園ではブナシメジをゆっくりじっくりと時間をかけて大切に育てて、約4ヶ月ほどかけてようやくブナシメジを収穫します。

年間300tものブナシメジを出荷する臼井農園手づくりのきのこ加工品!オススメです!

このページの上へ▲

南信州の「新鮮な」きのこ・野菜を使用しています

南信州の「新鮮な」
きのこ・野菜を使用しています

採りたての新鮮なきのこ・野菜を使っているので、味と食感には自信があります

私達が自信をもってお届けする商品をすぐに味わっていただきたい…そんな思いから、臼井農園では新鮮なきのこ・野菜をすぐに加工し、皆さまの元へとお届けしています。

このページの上へ▲

レシピにもこだわりが

レシピにもこだわりが

化学調味料・添加物不使用!!

今、自然の「旨み」が少しずつ失われつつあります。
食品(加工品)はどれをとっても似たような味がします。それはとくに化学調味料の味が影響しているようです。アミノ酸の強い味がしないと「旨味」を感じない方もいるようです。

臼井農園では化学調味料・添加物を使わず、できるかぎり「自然の味」を皆さまへお届けしたいと考えております。
だしは鰹節、煮干、昆布のあわせだしを使用し、保存料、着色料はもちろん使っておりません。醤油などの材料も天然素材の厳選したものを使っています。

このページの上へ▲

農園の様子