信州飯田・南信産ぶなしめじ・きのこを使用「しめじごはんの素」「しめじ甘露煮」など丹誠こめた逸品を販売

TOP > 農園紹介

農園紹介

会社概要

社名 株式会社 臼井農園
代表者 代表取締役 古田顕
所在地 長野県飯田市三日市場964
TEL 0265-25-7256
FAX 0265-25-5450
資本金 900万円
事業内容 きのこ類及び青果類の生産と販売、青果類仲卸販売、加工品製造販売
 
創業 昭和53年 (設立 平成5年)
従業員数 正社員15名 (2016年11月現在)
営業時間 月曜〜土曜 8:30〜17:30
定休日 日曜、盆、年末年始
 
取引先企業 丸協青果株式會社、キワ株式会社、有限会社丸青、株式会社にんべんフーズ、丸西産業株式会社、株式会社アグリンフレッシュ、JAみなみ信州、他
取引先金融機関 八十二銀行 飯田支店、飯田信用金庫 伊賀良支店、JAみなみ信州 伊賀良支所
栽培作物 ぶなしめじ、バイリング、エリンギ、ひらたけ、米、大豆、とうがらし、ローリエ、他
取扱い作物 えのき、ホワイトぶなしめじ、ハナビラタケ、なめこ、市田柿、パプリカ、他

このページの上へ▲

沿革

昭和47年 南信州地域(長野県飯田市上郷)でぶなしめじ栽培が農家の副業として試験的に始まる。南信州はのちに「ぶなしめじ栽培発祥の地」と呼ばれるようになる。
昭和53年 農協のキノコ担当(種菌センター所長)であった創業者が独立し、世界で初めてのぶなしめじ専業農家となる。保有ビン数8万本、年間30t生産。
平成5年 規模拡大を行い(有)臼井農園を立ち上げる。保有ビン数55万本、年間300tの生産体制に。
平成17年 自社で栽培したきのこや農産物の加工をするため、農産物加工所「ふるた」をスタート。(後に「(株)臼井農園 加工部」)
平成19年 バイリング「雪姫茸」の栽培を開始。年間5t生産。
平成21年 きのこ収穫体験のできる、農家民宿「わだち荘」をオープン。
平成24年 卸売業務を開始。南信州産のキノコ類や青果類を取り扱う。
平成27年 資本金を900万円へ増資し株式会社化、代表取締役交代。

このページの上へ▲